[ベルリン 5日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は焦点となっているIMFによるギリシャ支援の関与をめぐり妥協案を示したことが6日付の独ハンデルスブラット紙に掲載される記事で明らかになった。これによりユーロ圏による月内の支援金の支払いに道が開ける可能性がある。

ハンデルスブラット紙によると、ラガルド専務理事はIMFはドイツの要望どおりに支援に関与し続けるが、ギリシャに対する債務軽減措置が明確になるまでは追加支援の支払いは行わないことで合意する可能性があることを明らかにした。

ハンデルスブラット紙は、こうした妥協案によりユーロ圏は15日に開く財務相会合でギリシャに対する次回支援金の支払いで合意できる可能性があるとしている。