Instagramを楽しむには誰かをフォローする必要がある
誰彼かまわずフォローするよりは同好の士を探そう

 Instagramを始めたら、まずは適当に誰かをフォローして写真を楽しんでみよう。「Instagram」アプリの下には5つのアイコンが並んでいる。左からホーム、検索、投稿、アクティビティ、プロフィールとなっている。「検索」をタップすると、多数の写真がランダムに表示される。適当にスライドして、いい感じの写真があったらタップすると大きく表示され、ユーザーやタグなどがわかる。ユーザーをタップすればさらに詳細な情報やそのユーザーが過去に投稿した写真が一覧表示される。もし、今後もそのユーザーの投稿を読みたいなら「フォローする」をクリックすればいい。

インスタ2
「検索」を開くと多数の写真がランダムに表示される
インスタ2
犬の写真を発見
インスタ2
ユーザー名をタップするとユーザーの情報がわかる。71.9万人からフォローされている有名人のようだ
インスタ2
「フォローする」をタップすると、その後の投稿がタイムラインに表示されるようになる

 筆者の場合、あまりランダム表示には興味を引かれる写真がなかった。そこで、検索フォームから同好の士を探してみることに。今回は、柴犬の「shiba」と入力しただけで380万件以上も投稿されているタグが出てきたのでタップ。柴犬の写真がずらーっと出てきた。興味のある写真を開き、ユーザーをチェックし、読みたいならフォローするという同じ作業をする。

 これで、ホーム画面のタイムラインにフォローしているユーザーの投稿が表示されるようになる。柴犬の投稿は写真も可愛いが、動画で投稿している人も多く見入ってしまう。気を抜くとあっという間に時間が経ってしまうので、仕事中は注意が必要だ。

インスタ2
「検索」フォームにキーワードを入力。日本語でもいいが、英語のほうがたくさんヒットする可能性が高い
インスタ2
ずらっと柴犬が表示されるので、片っ端からタップ
インスタ2
癒される
インスタ2
フォローする
インスタ2
オススメに出てきたアカウントも全部フォローする
インスタ2
タイムラインが柴犬で埋まった

 SNSなので、知り合いを追加するのももちろんあり。プロフィール画面の左上のアイコンをタップすると、Facebookの友達や自分のアカウントをフォローしてくれているユーザーが表示される。ここで「フォローする」をタップすれば、フォローできる。また、プロフィールの設定画面からFacebookの友達や連絡先に登録している知人をずらっと表示し、まとめて全員フォローすることもできる。タイムラインで写真を見ていれば、ちょくちょく「おすすめ」として知り合いのアカウントが出てくる。

 ただし、何も考えず全員を根こそぎフォローするのは避けたいところ。他のSNSと同様、自分をフォローしているアカウントを確認することができる。本来Instagramは超気軽にフォローしたりフォローを外したりしていいのだが、あまり仲のよくない人をフォローすると無用な軋轢を生みかねない。慣れるまではある程度仲のいい人を中心にフォローすることをオススメする。

インスタ2
プロフィール画面を開き、左上のアイコンをクリックする
インスタ2
おすすめユーザーが表示されるので、「フォローする」をタップする
インスタ2
設定アイコンをタップ
インスタ2
「Facebookの友達」を開いたところ。まとめてフォローすることもできる
インスタ2
「連絡先」を開いたところ。こちらもまとめてフォローできる