[東京 6日 ロイター] - 麻生太郎財務相は6日の閣議後会見で、債務残高対GDP比の安定的引き下げは、基礎的財政収支(PB)黒字化と比べ「長期的には難しい目標」との認識を示した。一方、PB黒字化目標は「今までどおり変わっていない」と述べ、財政再建に向けた姿勢が後退したとの見方を否定した。

経済財政諮問会議(議長:安倍晋三首相)は2日、経済財政運営の指針「骨太方針」の素案を議論し、PB黒字化と併せ「同時に債務対GDP比の安定的な引き下げを目指す」と明記した。

麻生財務相は、債務対GDP比の安定的引き下げがPB黒字化より困難と指摘したうえで「そういう経済の状況を作っていくということであり、その重要性は当たり前の話」とも語った。

(梅川崇)