6月5日、中国・カザフスタン国境に位置するホルゴスの国際自由貿易区は、習近平・中国国家主席が進める「一帯一路」構想のお手本と位置付けられ、中国国営メディアがその成功ぶりを伝えている。写真はホルゴスの建設工事現場で5月12日撮影(2017年 ロイター/Shamil Zhumatov)

[ホルゴス(中国・カザフスタン) 5日 ロイター] - 中国・カザフスタン国境に位置するホルゴスの国際自由貿易区は、習近平・中国国家主席が進める「一帯一路」構想のお手本と位置付けられ、中国国営メディアがその成功ぶりを伝えている。今年中国で最大の外交イベントである先月の一帯一路国際首脳会議では、ホルゴス経済の盛り上がりを伝えるプロモーションビデオが繰り返し流された。

 しかし、中国ーカザフスタン国際国境協力センター(ICBC)を最近訪れた企業経営者や投資家予備軍は、誇大宣伝と現実のギャップに失望させられたという。

 ホルゴスは中国政府が思い描く21世紀の輝かしい貿易拠点というよりも、むしろ中国の租税回避地としての評判が高まりつつある。

 新疆ウイグル自治区の区都ウルムチから来たビジネスマンは「3時間見て回ったが、感銘を受けなかった。8時間かけて車でウルムチに戻った」と語った。微妙な話題だけに、彼は姓を「マ」とだけ名乗った。

 このビジネスマンは高級クラブハウスの建設可能性を調査しに来た。企業経営者らは貧弱な計画や訪問者の少なさに不満漏らしているという。「安い中国製Tシャツでいっぱいのビニール袋を下げたカザフの農民を見かける」とも付け加えた。

 中国側では、安価な消費者向け製品を扱う5つのショッピングモールがあるが、十分な客がいないと業者は不満気だ。