[東京 6日 ロイター] - 安倍晋三首相は6日、カナダのトルドー首相と電話会談し、米国が脱退を表明した「パリ協定」について、着実に実施していく方針で一致した。両首脳は、気候変動問題への取り組みを巡り、米国との対話を続ける考えを共有。環太平洋連携協定(TPP)の早期発効に向けた緊密連携も確認した。会談は午前10時半から約30分間行われた。

安倍首相はまた、ロンドンでの襲撃事件でカナダ人1人が犠牲となったことを受け、トルドー首相に哀悼の意を伝えた。

(梅川崇)