[6日 ロイター] - ロシアのセキュリティーソフトウエア会社カスペルスキーは6日、米マイクロソフト<MSFT.O>が反トラスト法に違反しているとして、欧州委員会とドイツの連邦カルテル局に訴えたことを明らかにした。

カスペルスキーは、マイクロソフトがパソコン(PC)基本ソフト(OS)市場での独占的な地位を乱用し、自社のウィルス対策ソフト「ディフェンダー」をウィンドウズのさまざまなOSに組み込むことで、他のセキュリティーソフトウエア会社の参入を阻害しているとしている。

マイクロソフトは顧客を守ることが主要な目的とし、「ウィンドウズ10のセキュリティー機能が競争法に準じていると確信している」との立場を示した。当局の調査に協力するとしている。