ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
人を動かす 説得コミュニケーションの原則
【第10回】 2009年12月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
福田 健 [C.N.S(株)話し方研究所会長]

しゃべりすぎると失敗する?
説得に成功する人は「聞き方」が違う!

1
nextpage

しゃべりすぎて失敗する人

 支配欲の強い人間がいる。

 人を支配し、服従させたいとの思いが強い人間である。このタイプに「よくしゃべる」の条件が加わると、絶えず「こうしなさい」「ああしなさい」と指図し、口出しする。

 おとなしいタイプは、仕方なく表面上従う。気の強い相手は抵抗し、しばしば口論を引き起こす。ともに、説得に失敗した結果である。

 第1に、説得と支配は別のことである。支配しないで人を動かすのが、説得コミュニケーションの特徴である。

 第2に、よくしゃべるタイプは、抑制が利かなくなると、話を独占して、相手の自発意思を失わせてしまう。

 しゃべること自体がいけないのではない。自分1人でしゃべり、しゃべりすぎてしまうのが問題なのだ。

 多弁でよく口がまわるほうが一見、説得に向いていると思われがちだが、そうではない。

 なぜなら、

・話をひとり占めする
 相手は欲求不満で、いらいら状態。
 「勝手にしゃべっていれば。わたしは知らないからね」
 非協力的態度になって、そっぽを向く。

・余分なことまでしゃべって墓穴を掘る
 口が滑って、言わなくてもいいことまで言ってしまう。
 「本当はキミじゃ心配なんだけど、他にだれもいないだろう。だから、キミ、やってくれないか」

 相手の気持ちを考えれば、
 「キミがいて助かった。ぜひ、キミに頼みたい」
 もっとも、前巨人軍長嶋監督も、先発投手に、
 「キミ、1回もてばいいからね」
と言ったとか、言わないとか。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
世界のお金持ちが20代からやってきた お金を生む法則

世界のお金持ちが20代からやってきた お金を生む法則

加谷珪一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
世界のお金持ちは、どうやってお金持ちになったのか? 実はお金持ちだけが知っている「お金持ちになる王道」があった! ビル・ゲイツ、イングヴァル・カンプラード、松下幸之助、坂本孝……彼らに共通するお金持ちになるための必須の資質とは? 億万長者との対話でわかったお金持ちになる秘密を大公開!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



福田 健 [C.N.S(株)話し方研究所会長]

1983年株式会社話し研究所を設立。2004年に会長に就任。「コミュニケーション」を軸にした講座、講演を企業、官公庁を中心に行い、話し方研究所でもセミナーを開催。主な著書に、『人を動かす会話術』『上手な「聞き方・話し方」の技術』などがある。


人を動かす 説得コミュニケーションの原則

説得術のマスターするために「テクニック」や「スキル」に飛びついても、基本となる原理・原則を踏まえなければ役には立たない。本当の説得力を身につけるために必要な「人の心を動かすコツ」を解説。

「人を動かす 説得コミュニケーションの原則」

⇒バックナンバー一覧