[ベルリン 7日 ロイター] - ドイツ経済省が発表した4月の鉱工業受注指数は、前月比2.1%低下した。ロイターがまとめたコンセンサス予想(0.4%低下)以上に低下した。3月までは2カ月連続で上昇していた。

3月は前月比1.1%上昇(改定)。

4月の内訳をみると、内需は0.2%低下。外需は3.4%低下、うちユーロ圏からの受注は1.4%低下した。

INGのエコノミスト、カルステン・ブルゼスキ氏は「4月のデータは期待外れとなり、良好な信頼感指数と一致せず、第2・四半期が良好なスタートを切ったと言い難い」と述べた。

ただイースターが影響したもようとし、過去においては休暇に伴う落ち込みから最終的には回復してきたと指摘。「受注残高は今後数カ月において堅調な生産指数を確信するのに引き続き十分な水準にある」とした。