6月7日、米アップルは、スマートフォン「iPhone」のスクリーンを修理する同社独自の機械を、同社が認定する外部の修理センター約400カ所に年末までに設置する方針。写真は修理する機械「ホライゾン・マシーン」、5月カリフォルニアで撮影(2017年 ロイター/Stephen Lam)

[サンフランシスコ 7日 ロイター] - 米アップルは、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」のスクリーンを修理する同社独自の機械を、同社が認定する外部の修理センター約400カ所に年末までに設置する方針。

 複数の幹部がロイターに明らかにした。

 アップルのサービス事業部門シニアディレクター、ブライアン・ナウマン氏は、一部の直営店ではスクリーン修理の待ち時間が長くなっていると述べた。

 割れたアイフォーンのスクリーンを修理する機械は「ホライゾン・マシーン」と呼ばれている。アップルはこれまで、この機械の存在を公式に認めていなかったが、今回、カリフォルニア州クパチーノの本社近くにある施設で、ロイターに同機械に関する取材を許可した。

 アップルはまず、世界の正規認定サービスプロバイダーのうち、当初は約4%に当たる200カ所に同機械を設置する計画で、その後、年末までに倍増したい考え。

 米家電量販最大ベスト・バイも同機械の設置対象の一つ。既にフロリダ州マイアミ地域の店舗に1台が設置され、カリフォルニア州サニーベールの店舗にも近く設置される予定。