[ソウル 9日 ロイター] - 北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は9日、金正恩朝鮮労働党委員長が、新しく開発された地対艦ミサイルの発射実験を指揮したと報じた。KCNAは新しいミサイルについて、北朝鮮を攻撃しようとする「敵戦艦の船団を攻撃する強力な手段」だと報道した。

韓国軍によると、北朝鮮は8日午前、同国東部から地対艦ミサイルとみられる数発を発射。韓国軍合同参謀本部は、ミサイルは東岸の元山から発射され、約200キロメートル飛行したとの声明を発表した。

KCNAによると「発射された地対艦ミサイルは旋回飛行後、東海(日本海)上の標的を正確に探知し、命中した」という。移動式発射装置から発射されたミサイルは、4月の軍事パレードで初公開された新型兵器だという。専門家によると、4本のミサイルキャニスター(格納容器)が搭載されているもようだ。

*内容を追加します。