[東京 9日 ロイター] - 富士フイルムホールディングス<4901.T>は9日、傘下の富士ゼロックスのニュージーランド子会社の会計処理を巡る問題で、第三者委員会による報告書を10日に受け取ると発表した。

第三者委員会の調査報告を踏まえて実施する予定としていた2017年3月期決算発表は12日に行い、同時に報告書も開示する予定という。

また、富士ゼロックスの海外子会社での不適切な会計処理による損失額が当初想定よりも拡大するとの報道については、同社が発表したものではない、としている。