[9日 ロイター] - 米商務省が9日発表した4月の卸売在庫高(季節調整済み)は前月比0.5%減で、先月発表の速報値の0.3%減と比べて減少率が拡大した。減少率は1年超ぶりの大きさとなった。

3月は0.1%の増加だった。

自動車の在庫が1.4%減った。石油製品は5.0%減少し、2015年12月以来の大きな落ち込みとなった。紙の在庫は1.8%減で13年1月以来の大きな減少を記録した。電気製品は0.1%減で、機械は前月比横ばいだった。

同時に発表された4月の卸売売上高は0.4%減だった。3月は0.2%の減少だった。自動車と電気製品の販売がそれぞれ1.3%と0.7%の増加となる一方、機械の売り上げは0.8%減少した。

4月の売り上げペースで在庫を解消するまでにかかる期間は、1.28カ月。3月と変わらなかった。