[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米大統領は9日、コミー米連邦捜査局(FBI)前長官が前日上院情報委員会の公聴会で行った証言から、自身の行動が司法妨害に当たらないことが証明されたとの見解を示した。

トランプ大統領は記者団に対し、コミー氏の前日の証言は「癒着や妨害がなかったことを示した」と言明。そのうえでコミー氏は「情報漏えい者」と非難した。

トランプ大統領がコミー氏に対し、フリン前大統領補佐官に対する捜査を中止することを望むと伝えたとの証言については、「そんなことは言っていない」とし、宣誓証言を行う用意が「100%ある」と語った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)