[北京 11日 ロイター] - 中国政府の中央規律検査委員会は11日、吉林省の「一部の地域や企業」で財政データの改ざんがあったと公表した。中国の経済統計の信頼性を巡り新たな疑念が浮上した。

改ざん内容は明らかになっていない。

遼寧省は1月に2011─14年に財政データの改ざんが行われていたことを認めており、財政省はこの直後に改ざん防止に一段の措置を講じると発表していた。