[ロンドン 12日 ロイター] - 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、英国で実施された総選挙が決定的でない結果となったことで、欧州連合(EU)離脱交渉に遅れが生じる可能性があるとの見方を示した。その場合、英国の格付けにネガティブな影響が見込まれるという。

さらに、英国政府にとって財政赤字縮小の優先順位が低くなることも、格付けにはネガティブに働くと説明した。

ただ、EU離脱の選択肢において(欧州単一市場から完全に撤退する)ハードブレグジットをそれほど考慮していない可能性があり、その場合は格付けにポジティブだと説明。「政府がどの方針を変更するかは現段階で不明だが、よりソフトな離脱が検討されるだろう。欧州単一市場もしくは関税同盟へとどまれるよう要請する可能性はある」と予想した。

ムーディーズによる英国の格付けは「Aa1」と、他の2つの主要格付け会社より1ノッチ高い。