[北京 12日 ロイター] - 中国の国家開発銀行[CHDB.UL]は、ムーディーズによる中国の信用格付け引き下げが中国企業の海外での資金調達に及ぼす影響は限定的だとの見方を示した。

国家開発銀行は「国際市場における資金は比較的潤沢で、高格付け債の供給は需要に届いていない」とし、中国発行体の債券利回りは他の新興国の発行体が提供する利回りよりも魅力的だと説明した。

ムーディーズは先月、中国の信用格付けを「Aa3」から「A1」に引き下げた。

国家開発銀行は、ムーディーズの格下げは、中国が進める供給サイドの改革や経済成長の安定化の影響を十分考慮していない、と指摘した。