[アテネ 12日 ロイター] - フランスのルメール財務相は、ギリシャ支援策を巡る合意に楽観的な見方を示した。

ギリシャのチプラス首相らと会談後、記者団に語った。ルメール氏は「(合意から)遠くないため、合意につなげるべく、向こう2日間は最善をつくすべきだ」と述べた。

ユーロ圏財務相会合は15日、ギリシャの改革進展度合いや債務削減策を話し合う。