[シドニー 13日 ロイター] - オーストラリアのターンブル首相は13日、米英など機密情報を共有する5カ国で、ハイテク企業に対し暗号データを治安機関と共有するよう求めていくと明らかにした。7月にカナダで協議を行うという。

米・英・カナダ・豪・ニュージーランドは機密情報を共有しており、「ファイブアイズ」(5つの目)と呼ばれている。ターンブル首相によると、5カ国は「テロリストや組織犯罪が、野放しのデジタル空間で責任を問われずに活動することができなくなる」よう、対策について話し合う。

首相は議会で「テロリストのプライバシーが市民の安全より重要ということは決してあり得ない」と述べた。

フェイスブック<FB.O>やアップル<AAPL.O>などのハイテク企業には、テロ攻撃を防ぐため暗号データの共有を求める圧力が高まっている。2社は現時点でコメントしていないが、以前にはプライバシーの問題から情報の共有には否定的な考えを示していた。