[ワシントン 13日 ロイター] - コミー米連邦捜査局(FBI)前長官がトランプ大統領との会話の内容を記したメモを友人に渡していた件で、この友人が同メモをFBIに提出する意向を示していることが分かった。MSNBCが報じた。

この友人はコロンビア大学のロースクールのダニエル・リッチマン教授。MSNBCは同教授がNBCニュースに対し「所有しているコミー氏のメモをFBIに提出する」ことを確認したとしている。

コミー氏は先週の議会証言で、トランプ大統領との会合後は会話をメモを残し、「友人にメモの内容を記者に伝えるよう要請した」ことを明らかにしている。

MSNBCはまた、ロシアとトランプ陣営の癒着疑惑捜査を監督するモラー特別検察官が同メモの入手について上院司法委員会と連絡を取っているとリッチマン教授が明らかにしたとも報じている。

*見出しを修正して再送します。