[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ米大統領の顧問弁護士のマイケル・コーエン氏は13日、下院情報委員会で9月5日に証言を行うよう要請を受けたことを明らかにした。

コーエン氏はロイターに対し「9月5日に証言を行うことを含め、下院情報委の召喚に従うことにコミットしている」と述べた。

米大統領選へのロシアによる介入疑惑を巡り下院情報委も調査を進めており、コーエン氏に対する召喚状は5月31日に承認していた。ただ同委員会は証言の日程については明らかにしていなかった。