[ロンドン 13日 ロイター] - 英国のハモンド財務相は、欧州連合(EU)離脱交渉で英国がEU関税同盟にとどまることを主張する見通し。英紙タイムズが13日、複数の匿名筋の話として伝えた。

メイ首相は、EU離脱にあたり、関税同盟からの離脱も含めた「ハードブレグジット」を目指すとしている。

タイムズ紙によると、財務相は英国がEU関税同盟の外で単独での通商政策を追求するという政府の計画は見直すべきとの考え。先週の総選挙で与党・保守党が過半数議席を維持できなかったことを受け、首相にブレグジット方針の転換を働きかけるとみられる。

EU関税同盟は域内の無関税での貿易を保証する一方、加盟国が第三国と独自の通商協定を結ぶことは禁じている。