[北京 14日 ロイター] - 中国国家統計局が14日発表した5月の鉱工業生産と小売売上高は、予想を上回り、底堅い数字となった。一方、固定資産投資は伸びが鈍化した。

5月の鉱工業生産は前年比6.5%の増加となり、伸び率はアナリスト予想の6.3%をやや上回った。

4月の鉱工業生産は5月と同じ前年比6.5%増、1─4月の固定資産投資は前年比8.9%増だった。

5月の小売売上高は前年比10.7%増で、4月の10.7%増と変わらず。予想の10.6%増は上回った。

一方、1─5月の固定資産投資は前年比8.6%増に伸びが減速し、予想の8.8%増を下回った。

1─5月の民間投資は6.8%増と、1─4月の6.9%増から若干鈍化。中小企業の資金調達が依然として困難な中、民間セクターの投資意欲がやや後退していることを示唆した。

民間投資は中国全体の投資の約60%を占めている。

中国当局は2017年の固定資産投資の伸びを9%前後、小売売上高は10%程度の伸びを目標としている。

ムーディーズが先月、中国の信用格付けを引き下げたことから、中国経済の先行き懸念が高まっている。ただ、大半のアナリストは、今後数カ月の景気減速のペースは緩やかになると予想。特に、指導部の大幅な交代が見込まれる5年に1度の共産党大会が秋に予定されているため、政府は経済や金融市場の安定に注力する見通し。

この日発表された5月の各種経済指標は、そうした大方の見方を再確認するような数字となった。鉱工業生産と小売売上高は引き続き堅調を維持しており、固定資産投資の減速も小幅にとどまった。

一方、不動投資と建設活動は、最近の政府による過熱抑制策の影響で伸び悩んだ。

1─5月の不動産投資は前年比8.8%増となり、伸び率は1―4月の9.3%から鈍化した。

*内容を追加し、写真とカテゴリーを加えました。