世界的企業マイクロソフトでも「採れない」に頭を抱えるという現実

世界的企業マイクロソフトでも「採れない」に頭を抱えるという現実

著者・コラム紹介

 企業の「人が採れない」が深刻だ。抜群の知名度を持つグローバル企業であり、IT業界を牽引する日本マイクロソフトでさえも「マイクロソフトという社名を出して人が集まってくる時代ではない」という。

 そこで、日本マイクロソフトでは採用の方法を大きく変えた。結果、本当に欲しい人材が採れるようになったり、転職市場にはなかなか出てこない業界の第一人者のような「抜群に優秀な人材」の獲得もできるなど、確実に成果が出ているという。 

 今、日本マイクロソフトの採用とはどのような姿になっているのか。人事の現場で指揮を執る人事本部長の杉田氏に、同社の採用の取り組み内容、それを実行する採用担当者に適した人材、新たな採用手法による成果について詳しく聞いた。

この記事の詳細は以下からPDFを
ダウンロードしてお読みいただけます。

資料ダウンロードのご案内

資料イメージ

"抜群に優秀な人材"も採れた
日本マイクロソフトの新たな採用術

■もはや「マイクロソフト」の知名度だけでは採用できない現実

■多くの日本企業が「自分たちと同じ人」を採用してしまう理由

■「営業出身者」を採用担当に置く仕組み

■人事に任せきりにしない採用手法

■本当に欲しい人材に直接アプローチする「ダイレクト・リクルーティング」の重要性

 

ダイヤモンド・オンライン登録済(会員)の方はこちらからお進みください
ログインで一部項目の登録が省略できます。情報の修正や追加をおこなった場合は登録内容が更新できます
ダイヤモンド・オンライン未登録(非会員)の方はこちらからお進みください

 

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は株式会社ビズリーチ(同社のプライバシー・ポリシーはこちら)に渡されご案内などに利用させていただきます。ダイヤモンド社のプライバシー・ポリシーはこちら


[PR]

DOLトップへ
お問い合わせ先

株式会社ビズリーチ

 0120-954-820