ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

改善続く主要国の景気先行指標
景況感の改善はいずれ息切れ

2009年7月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

改善期待先行で上昇する株価

 各国の先行性の強い経済指標が改善傾向を続けているが、反転するタイミングはどこか。今世界中の投資家が注目している。

 世界的に投資資金が安全資産からリスク資産に流れているようだ。それは株式市場のみならず、商品市場も同様であろう。この背景は、おそらく(1)景況感が改善傾向を示していることと、(2)信用リスクに対する懸念が世界レベルで後退しているためと考える。

 (1)に関しては、各国が足並みを揃えて行なった景気対策が効いている。しかし、民間主導による自律的な景気回復は難しく、効果が切れれば再び株式市場も調整局面に向かうかもしれない。

 それはバブル崩壊以降の日本経済を思い出せば理解できるだろう。日本銀行の白川方明総裁が警告する「偽りの夜明け」にすぎないのではないか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧