[マニラ 14日 ロイター] - フィリピン軍報道官は14日、同軍が過激派組織「イスラム国」(IS)系武装勢力の掃討作戦を実施している南部ミンダナオ島のマラウィ市付近で、米軍がフィリピン軍の支援活動を行っていることを明らかにした。

米軍は戦闘には参加していないという。

報道官は会見で「一部の米兵が、フィリピン軍の状況認識について情報を提供する機器を操作している」と述べた。