有機EL特集
有機ELテレビ最上位モデル「OLED W7P」

 今春有機ELテレビを発売した各社を取材し、それぞれの特徴を探っていく本特集。今回は、薄型テレビはもちろん、家電全般をカバーする総合メーカーであるLGエレクトロニクス。有機ELテレビに積極的なメーカーだ。

3年目の有機ELテレビ、ラインナップが豊富!

有機EL特集
今回お話を伺った、LG Electronics Japan マーケティングチーム 課長の金 敬花(キム キョンファ)氏

 海外では2013年から有機ELテレビの発売をスタートし、日本でも2015年に発売を開始。2016年は国内では唯一、有機ELでの4シリーズものラインナップを展開していた。

LG
2015年の発表会の様子。曲面ディスプレーだ

 LGエレクトロニクスは、家庭用の有機ELテレビだけではなく、有機ELの薄さや曲げ加工が可能なフレキシブルディスプレーとしての特徴を訴求するため、デジタルサイネージなどの業務用途のディスプレーなども積極的に展開している。

 たとえば、本国である韓国の国際空港では、垂れ幕のように湾曲したディスプレーで構成した波形ディスプレーを実用化しているし、円筒状のトンネルの内部を全面ディスプレーとするなど、今までにないディスプレーを実用化してきている。

 家庭用の有機ELテレビとしては、2016年から継続となる「OLED 77G6P」(実売価格 297万円前後)に加えて、新たに3シリーズを投入した。

LG、77型有機EL
6月23日に発売予定の「OLED 77W7P」。他社に先駆けて77V型を投入だ!

 最上位となるのが「W7P」シリーズで、65V型(実売価格 95万円前後)と先日発表された77V型(6月23日発売予定、予想実売価格 270万円前後)。ちなみに、77V型サイズの有機ELテレビは、国内では同社のみが製品化を実現している。

有機EL特集
「OLED 65E7P」
有機EL特集
「OLED 65C7P」
有機EL特集
「OLED 55C7P」

 さらに、ミドルクラスモデルとなる「OLED 65E7P」(実売価格 81万円前後)、スタンダードモデルの「OLED 65C7P」(同65万円前後)、「OLED 55C7P」(同38万円前後)。ほかでは真似のできない充実した品揃えだ。

 こうした複数のラインアップを展開するものの、画質の良さで注目を集める有機ELテレビだけに、すべてのシリーズが「ULTRA HD PREMIUM」の認定を取得。

 画質や音質についての技術的な部分は同様(2016年モデルのG6PはAtmosに対応しないなど若干異なる)なので、あとはユーザーが自分の部屋に置きたくなるデザインなどで選べるようにしている。独創的なデザインで、世界中の薄型テレビのトレンドをリードするLGエレクトロニクスらしい展開だ。

ピーク輝度25%アップ! 最新鋭の有機ELパネルを搭載

有機EL特集
「Dolby Vision」に対応する4Kテレビはまだ希少だ

 まずは今年発売の最新モデルの全体像から見ていこう。有機ELパネルは2017年仕様の最新のものを採用。大きな特徴はピーク輝度を25%向上し、より明るい映像が楽しめるようにした。

 有機ELは自発光のため、液晶に比べるとピーク輝度でやや劣り、明るい部屋での見え方では液晶の方が優位になるとも言われるが、ピーク輝度を高めることで液晶と遜色のない明るい画面を実現。

 これは「エブリディ・ピクチャー・クオリティー」と呼ばれており、暗い部屋だけでなく、一日中どんな環境でも美しい映像を楽しめることを目指している。

 ピーク輝度の向上だけでなく、映画のシーンの約9割を占める中間輝度が50%以下の薄暗いシーンをより明るく再現するような映像表示技術を盛り込み、テレビ放送はもちろん、映画などもより明るく見やすい映像を実現しているのだ。

 HDR技術などが盛り込まれた次世代映像技術である「Dolby Vision」対応については、近々国内でもUHD BDソフトが発売されるが、それらの再生に対応する。4K放送などで採用される「HLG」(ハイブリッド・ログ・ガンマ)にもアップデートで対応予定となっている。

 そして、音にこだわる人にもうれしいのが、最新鋭のサラウンド規格である「Dolby Atmos」にも対応すること。いずれのモデルも内蔵スピーカーで、前後左右に加えて高さ方向の音も再現できる立体的なサラウンドを楽しめるのだ。

 こうした最新の映像・音声規格に対応するのは、長く愛用できる信頼性のため。「NETFLIX」などの動画配信サービスにもいち早く対応し、最新のコンテンツやサービスを誰でも手軽に楽しめるようにしている。これはLGエレクトロニクスのポリシーのようだ。

 ただし、最上位モデルもスタンダードモデルも画質性能は同等とするのは社内でも議論があったようだが、結果として有機ELテレビはいずれも最高レベルの画質を楽しめるということを強く意識した製品となった。

 それだけに、有機ELテレビとしては比較的安価な価格となっている「C7P」シリーズはかなりお買い得度が高いモデルになっているとのことだ。

壁に貼る感覚の「ピクチャー・オン・ウォール」
斬新なテレビの姿を先取りしたW7P

有機EL特集
壁掛けにするとこの薄さ。まさに壁に貼る感覚

 ここからは、最上位モデルありもっともユニークな製品であるOLED 65W7Pを代表として、より詳しくその特徴を紹介していこう。W7Pシリーズの最大の特徴はディスプレー部の厚みがわずか3.9mmほどで、壁掛け専用のデザインを採用したこと。

 仕組みとしてはディスプレーを支える壁掛け金具を壁に設置し、ディスプレー本体の上部を固定。下部はマグネットで固定するというもの。

 設置は専門の業者に依頼する必要はあるが、ディスプレー部の軽さも含めて壁掛け設置は比較的容易になっている。

 なんと言っても、その見た目が斬新だ。まさしく壁に絵画やポスターを貼ったような感覚で、薄型テレビとは見た目の存在感がまったく異なる。

 薄型テレビが大画面化すると、家屋への搬入や組み立て・設置の問題が顕著になり、なかなか多くの家庭では実現が難しいと考えられがちだが、この方法ならば大画面がかなり現実的になると思う。

有機EL特集
コンパニオンボックスとパネル部はフラットケーブル1本で接続

 ちなみに、電源や映像信号などは専用のフラットケーブルで、チューナーやスピーカーを内蔵したコンパニオンボックスと接続される。ディスプレーへの電源もここから供給するので、必要なコンセントは1つだけだ。

 このコンパニオンボックスには、テレビチューナーのほか映像エンジンなども内蔵されるが、その見た目はまさにサウンドバースタイルのスピーカーと言えるもの。スピーカーはミッドレンジ+トゥイーターを左右各2個、ウーファーを左右各1個内蔵。さらにDolby Atmos用のハイトムービングスピーカーがボディーの上面に左右各1個搭載されている。

有機EL特集
有機EL特集
有機EL特集
有機EL特集
ハイトムービングスピーカーはこのような感じで現われる。もちろん電動。グリルからアレイスピーカーが垣間見える

 電源を入れると、上面のカバーが開いて、ハイトムービングスピーカーがせり上がってくる姿もなかなかカッコイイ。このハイトムービングスピーカーは合計7個の小さなユニットが円周上に配置されたアレイスピーカーを構成しており、指向特性を絞った音が天井に放射され、反射した音が上方から再現されるというもの。

 OLED W7Pシリーズ以外のモデルは、Dolby Atmos対応という点は同じだが、このハイトムービングスピーカーは搭載されないので再現性では本機が優位と言えるだろう。

 ただし、OLED C7Pでも仮想的な再現ながらDolby Atmosの再現性はなかなか優秀で、ドルビーでのデモンストレーションでOLED C7Pが使われたほどだという。

明るい環境でも深みのある黒と色鮮やかな映像が楽しめる!

有機EL特集
視聴してみた!

 OLED 65W7Pでいくつかのデモコンテンツを視聴した印象について触れていこう。視聴は明るい環境向けの「あざやか」モードで部屋を明るくして行なったが、明るさが不足した感じもなく、色鮮やかで黒のしっかりと締まった映像を楽しめた。

 色がくっきりと出た鮮明な映像はまさに有機ELのコントラストの高さがよく出ているし、輝度的な力強い輝きも見事なものだ。

 これは、HDRコンテンツではしっかりと高輝度を再現できるが、一般的なSDRの映像でもHDRに近い映像を再現する技術も備えている。それがDolby Vision技術を応用した「アクティブHDR with Dolby Vision」。

 Dolby VisionでのHDR再現の仕組みを利用して、SDR映像の高輝度部分をHDRに近い再現をするものだ。

 UHDブルーレイで採用されている「HDR10」規格では、ひとつのPQカーブが採用されており、暗部から明部の再現はひとつのコンテンツで変化しない。

 しかしDolby Visionは、シーンごとにPQカーブを変更することが可能で、暗いシーンや明るいシーン合わせた最適な再現が可能になる。

 「アクティブHDR with Dolby Vision」では、そのほかのHDR映像でもこの技術を応用してシーンごとにPQカーブを変化させるので、よりダイナミックレンジが広がったような映像再現が可能になるのだ。これは、LGエレクトロニクスの有機ELテレビの大きな強みと言えるだろう。

 そのため、SDR映像のデモコンテンツでもHDRに近い輝きが得られる。より豊かな輝きが得られ、画面全体の明るさも高まっているため、映像の精細感がよりよくわかる。

有機EL特集
有機EL特集
HDRの方式に応じてモードを選択できる

 そして今度はHDRの映画コンテンツを照明を落とした環境で見てみた。映像モードはHDR仕様の「シネマダーク」を選択。照明を落とした環境でのおすすめの映像モードだ。ここでは黒の締まりと暗部の見通しの良さがしっかりと出て、映画のようなコンテンツにぴったりの階調の豊かな映像を楽しめた。

 それ以上に驚くのが、Dolby Atmosの音響だ。広い展示スペースでの視聴のため、決して音にとって最適な環境ではないのだが、前後左右の広がりはもちろん、高さ方向の音の広がりも豊かに再現される。

 音が自分の周囲をぐるりと回るような感覚もあるし、Dolby Atmosらしいシームレスな音場がしっかりと再現できている。後方などにスピーカーのないサウンドバースタイルのスピーカーとしては驚きの再現力だ。肝心の音も明瞭で聴き取りやすいもので、低音の迫力も十分。

 また、ちょっと面白かったのが静止画をスライドショー再生する「ピクチャーギャラリー」機能。プリセットされたテーマには、窓の外の景色を表示するといったものがあり、窓枠の向こうに広がる景色を楽しめる。

 晴れの海では時間経過によって日が沈んでいく場面に変化していくなど、なかなか楽しい。しかも、その音はDolby Atmos再生のようで、波の音が豊かに広がって再現される。

 雨の景色では雨が降っている音が自然な広がりとなり、まさしく窓から景色を眺めているような気分になれる。個人的にはあまりこうしたスライドショー再生に興味はなかったが、これだけの臨場感があると、BGM的に使うのも楽しいと思えてくる。

壁がテレビになるという次世代の姿に感動

有機EL特集

 壁そのものが画面になってしまったかのような見た目は素晴らしいし、テレビを見ているのとはまるで違う印象になる。発表されたばかりの77V型となれば、さらに迫力のある映像体験になるに違いない。

 これはまさしくテレビの未来の姿と言えるもの。まだ一般的な価格とは言い難いが、ぜひとも一度体験してみてほしい。

 さて、次回は東芝の有機ELテレビについて紹介する。国内勢としてはいち早く登場させ、5月末には画質アップデートを行なうなど、力の入ったモデルとなっている。