2017iphone

広角レンズで発生する画像の歪みは
光学2倍レンズに切り替えて対処しよう

 テーブルフォトや小物撮影など、ぐぐっとiPhoneを被写体に寄せると、肉眼で見ている状態よりも歪みがち。これはiPhoneだけでなく、大半のスマホにおいて発生してしまう。原因は広角レンズであるためだ。

20170614iphone
こんな感じにコップやお皿など、あるていどの大きさのあるものだと不自然な形になってしまう

 なるべく自然な状態で撮りたい場合、iPhone 7 Plusであれば光学2倍レンズを使用すると、あっさりと解決できるだけでなく、寄っても違和感は少なめだ。ただし、光学2倍レンズ側には手ぶれ補正が搭載されていないため、いつもよりもiPhoneをしっかり構える必要があることを覚えておこう。

20170614iphone
光学2倍レンズを使用した場合。先の写真と比べると変化がよくわかる
20170614iphone
被写体によっては、寄っても歪んでいるとわかりにくいときもあるので、身近なもので試してみよう

 もうひとつ、望遠レンズ非搭載のスマホ用テクニックとしては、デジタルズームがある。多くのスマホが高画素化に進んでいるため、1.5~2倍あたりまで拡大してもスマホで見たり、SNSに投稿したりするぶんに問題はない。小物やお皿が変なカタチになったら、少し距離を取ってからデジタルズームをしてみよう。なお、デジタルズームはブラウザーやギャラリーでの画面拡大で使用するピンチ操作で実行できる。

20170614iphone
iPhone 7 Plusの場合は、画面下部にある「1x」を横にドラッグしてもデジタルズームを使用できる