[サンフランシスコ 14日 ロイター] - 米宅配大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)<UPS.N>のサンフランシスコの配送施設で14日、同社のユニフォームを着用し武装した男が銃を乱射し、3人が死亡、2人が負傷した。

乱射した男も自分で頭部を撃ち、死亡した。

UPSの投資家向け広報担当によると、乱射した男と犠牲者は全員UPSの運転手。

当局は今回の事件がテロとは無関係としているものの、動機などは明らかになっていない。