趣味や嗜好は他人がとやかく言うべきではないが、それを延々とアウトプットされる側になると、こうした感想を抱いてしまうのも道理だろう。Aさんはため息をつきながらこう続ける。

「大学の同期はあるメーカーに勤めていますが、彼の社のおじさんは東南アジアに接待旅行に行って毎回買春するのを楽しみにしているらしいです」

 数十年前に問題になった日本人の買春ツアーに、いまだに繰り出しているおじさんたちがいるようだ。

ネチネチでプライド高く
器の小さい「小物なおじさん」

 次に話を聞いたのはメーカー勤務の38歳独身男性Bさん。多趣味が高じて独り身を貫き、若手とおじさんの狭間に位置する彼だったが、最近は枕やシェーバーから他ならぬ自分の「おじさん臭」を痛烈に感じ、また白髪が目立ち始めたことから、自分がついにおじさんの仲間入りを果たしたことを観念して自認したという。彼は仕事上で垣間見られる、他のおじさんのおじさんっぽさを指摘した。

「日本の企業はなんだかんだで年功序列制を根強く残しているところが多く、うちもご多分に漏れずその1つです。だからおじさんと呼ばれるくらいの年齢になると、社内でもそれなりの立場に就いている人が多いことになります。

 これは本人にとっても下の人間にとっても悲劇だとも思うんですが、人の上に立つような器でない人が役職に就いてしまうんですね。そうすると、そうしたおじさんたちの小物っぷりがものすごく目につくんです」

「小物なおじさん」が上司となったとき、器の小ささが顕著に露呈するそうである。

「いわゆる『嫌われる上司』を想像してもらえればわかりやすいと思います。小物なおじさんはまず、人心掌握がものすごく下手です。説教はネチネチしているし、責任は何かと部下に押し付けようとする。そのくせ偉そうで、酒の席では自分の仕事論や武勇伝をぶち上げます」

 同じ役職付きとして、Bさんはそれらのおじさんを見るにつけ歯がゆさを募らせているようだ。