[東京 15日 ロイター] - 在日ロシア大使館は15日、日本のメディアや自衛隊関係者などを集めて説明会を開き、米国のミサイル防衛(MD)システムや、日本が検討している新型迎撃ミサイルの導入に懸念を示した。

ビリチェーフスキー公使参事官は、米国がアラスカ州や東欧に配備したMDシステムに言及。ロシアの弾道ミサイルを米国が迎撃する模擬実験の映像を紹介しながら、「米国は北朝鮮とイランのミサイルの脅威を口実に、ロシアの弾道ミサイルを破壊するための戦略ミサイルを展開させ、抑止力のバランスを崩している」と訴えた。

同公使参事官は、在韓米軍が配備した新型迎撃ミサイル「THAAD(サード)」も、ロシアと中国の懸念を招いていると指摘。さらに、日本が陸上配備型ミサイル「イージス・アショア」またはサードの導入に向けた検討を進めていることに触れ、「日本が米国のグローバル(地球規模)なミサイル防衛システムの一部になる前に、ロシアの立場、懸念を説明した」と、説明会を開いた理由を語った。

説明会には日本とロシアの報道陣や専門家、自衛隊関係者などが出席した。

日本の政府関係者によると、ロシア側は閣僚級の会談から事務レベルの協議まで、あらゆる機会をとらえてMD配備に対する懸念を表明しているという。日ロが今年3月に東京で防衛相会談を開いた際も、ロシア側は日本側に懸念を伝達。稲田朋美防衛相は、北朝鮮の弾道ミサイル発射を挙げながら、自国の防衛に必要な防御的なシステムであるなどと説明した。

(久保信博)