ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新人編集者ムラタの××日記
【第8回】 2011年7月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

優勝は正当な対価。プレゼントもしかり。
7月11日(月)~ 7月17日(日)

1
nextpage

陰は、陰としていつだって存在する。光なんかなくたって存在する。ただ、光があることで、陰は影となって、負の風情を背負う――。
先週、部署の違う同僚に「ムラタ日記ってあるじゃないですか、あれクソつまらないですね」と言われました。『そういうの言われる担当』の自分にひきかえ、プレゼントをもらって浮かれているムラタくんの日常、今週もどうぞ。

PKに勝者はいない
なんて言わないよ絶対

 「なでしこジャパン」女子ワールドカップ優勝という偉業の余韻冷めやらぬなか、胸が熱くなる可能性は極めて低いムラタ日記をご覧いただき、ありがとうございます。

 今週は打ち合わせ中心の生活となりましたが、なんといっても「なでしこジャパン」の優勝が最もインパクトの強いニュースでした。私も自宅で観戦しておりましたが、優勝が決まった瞬間には思わず声を上げてしまうほど。関係者の皆様、おめでとうございます!

 一度も勝ったことのないアメリカ相手に、2度リードを許しながらも土壇場で追いつき、最後はPK戦でゴールキーパーがファインセーブを見せつけて勝利。というまさに映画のようなストーリーです。

 「なでしこジャパン」のメンバーにはこれからテレビの取材も増えてくると思いますし、出版社からの依頼も殺到するのだと思いますが、このような大きな出来事が起こるたび、表舞台で評価されるよりはるか以前から、才能ある選手に注目し続けていたメディアの人間は本当に凄いなと尊敬を覚えます。

 実は私、今はすっかり細くなってしまったのですが、高校時代は東京都のとある高校で柔道部に在籍していました。東京は、スポーツ推薦で入学してきた生徒が全国から集まり、東京代表の学校は全国大会でも常に上位に食い込むような激戦区だったと思います。

 ここまでの流れだと、「なでしこジャパン」のように奇跡の全国大会優勝!となりそうですが、そんなドラマチックな展開は起こりません(笑)。私の高校は東京都でベスト16には食い込むもののベスト8には手が届かない、いわゆる中堅校でした。当時はたまたま良い選手が集まっていたこともあり、今はもう少し厳しい成績かもしれません。

次のページ>> 信じる者が儲ける…
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

1985年東京都生まれ。2009年、ダイヤモンド社入社。以後2年間は営業部に所属。営業マンとして主に神奈川県、新潟県を担当。2011年春の人事異動にともない、書籍編集局第二編集部に配属。


新人編集者ムラタの××日記

2011年4月、ダイヤモンド社書籍編集局に大型新人が配属された。
彼の名はムラタ。2009年入社から営業部で書店営業を担当してきた彼が、全く異なる職種である書籍編集の部署で、何をどう感じ、どんなふうに自分らしい仕事のしかたを見つけていくのか。
本連載は、一人の若手編集者が様々な壁にぶちあたりながら成長していく過程を自ら日記形式でしたためていくものです(予定)。あたたかい目で見守っていただけましたら幸いです。

「新人編集者ムラタの××日記」

⇒バックナンバー一覧