[ニューヨーク 19日 ロイター] - 米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は19日、連邦準備理事会(FRB)は追加利上げの検討を年末まで待つ価値があるだろうと述べた。最近鈍化したインフレ指標を踏まえると「待つ時間がより多く与えられない理由が見当たらない」と指摘した。

講演後に記者団に語った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)