ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
森達也 リアル共同幻想論

清志郎を超えた!?
スズメの学校のコッカセイショウ

森 達也 [テレビディレクター、映画監督、作家]
【第45回】 2011年7月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

仔スズメたちが唄う
スタッカートの「君が代」

 自転車で角を曲がろうとしたそのとき、「コッカセイショウ」との声がした。思わずブレーキをかけて立ち止まってから、今のは本当に声だったのだろうかと考えた。なぜならとても小さく、そしてまるで3倍か5倍速で再生したかのように甲高い声だった。つまり普通の人の声ではない。

 目の前には朽ちかけた廃屋がある。声はこの廃屋の裏庭から聞こえた。自転車を歩道の脇に置いてから、崩れかけたブロック塀に顔を寄せてみる。初夏の平日の昼下がり。どんよりと膿んだような陽射しが周囲には立ち込めていて、辺りに人の気配はない。

 廃屋の庭は一面の雑草で覆われていた。朽ちかけた玄関のすぐ横に、40羽ほどの小さなスズメが整列している。おそらくは今年巣立った幼鳥たちだ。数羽の大人のスズメが、周囲でじっと仔スズメたちを見守っている。でっぷりと太った大きなスズメが、嘴(くちばし)に銜(くわ)えた草の茎を、リズムを取るように上下に振っている。そのとき仔スズメたちの合唱が始まった。

君が代は
千代にやちよに
さざれ石の
巌となりて
苔のむすまで

 一応は最後まで唄い終えたけれど、相当に聴きづらい合唱だった。なぜなら唄いだしは「きみがよは」ではなく、「きいいみいいがあああよおおおはああああ」と始めなくてはならない。「があああ」が重要なのだ。特に最後の「むすまで」はクライマックスだから、「むうううすうううまああああでええええええええええええ」と唄わなければいけない。ところが仔スズメたちの唱法は、基本的にはスタッカートなのだ。想像してほしい。スタッカートで唄われる君が代。印象としては、ほとんど別の楽曲だ。ジミヘンが演奏した「星条旗よ永遠なれ」、あるいは清志郎が唄った「君が代」以上のインパクトだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

森 達也 [テレビディレクター、映画監督、作家]

1956年生まれ。テレビディレクター、映画監督、作家。ドキュメンタリー映画『A』『A2』で大きな評価を受ける。著書に『東京番外地』など多数。


森達也 リアル共同幻想論

テレビディレクター、映画監督、作家として活躍中の森達也氏による社会派コラム。社会問題から時事テーマまで、独自の視点で鋭く斬る!

「森達也 リアル共同幻想論」

⇒バックナンバー一覧