[ベルリン 20日 ロイター] - ドイツ産業連盟(BDI)は20日、ドイツの2017年成長率は約1.5%になるとの見通しを改めて示した。

BDIのディーター・ケンプ会長は「ドイツの好景気を当然のことと考えるべきでない」と指摘し「好景気は、ユーロ安や落ち着いた原油価格、欧州中央銀行(ECB)の拡張的金融政策によるものだ」と説明した。その上で、ドイツがこれらに及ぼす影響は限定的だとの見方を示した。