Googleアシスタント日本語版の発表会から早3週間。発表会でも、数週間かけて徐々にイネーブル状態に切り替えていくと表明されていたとは言え、利用可能になったという話は周囲でもほとんど聞かないまま。ただ、SNSなどで検索してみると「使えるようになった」という話は以前からヒットしたので、まったく始まっていないというわけではないようだ(かなり少数でのスタート?)。

11
11
Googleアシスタント日本語版の利用が可能になると、ホームボタンの長押しで上の画面になる。対応OSはAndroid 6.0以降

 いずれにしても、わざわざあのタイミングで発表会を開催したのはなんだったのか? グーグルらしい商売っ気の無さ? などと頭に「?」が浮かび始めていた矢先に、それを見越したかのように筆者の端末にもGoogleアシスタント日本語版がやってきた。どうやら今日20日のタイミングでかなりのユーザーの端末で開始されたらしい。そこで、定番の質問を試した。

11
iPhoneのことはさすがに知っているようだ
11
なのに、こちらは……
11
11
直接のライバルについて聞いたところ、華麗なスルーをされてしまった
11
父さんのことはもう記憶に無い?