モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMフリーのAndroidスマートフォン「Moto Z2 Play」を発表した。発売日は6月29日。昨年リリースの「Moto Z」「Moto Z Play」と同様に、背面に磁石で貼り付ける周辺機器「Moto Mods」に対応。互換性も維持している。

11
5万円台で購入できるMoto Zシリーズに薄型の新世代モデル「Moto Z2 Play」が登場!

 Moto Z2 Playは、税抜5万3800円とMoto Z Playと同様のミドルハイクラスの価格帯ながら、Moto Modsを追加する拡張性を搭載するとともに、最薄部6mm切りの約5.99mmという超薄型ボディーは上位モデルのMoto Zを受け継いだ印象。

11
11
前面下部の指紋センサーなど全体的なスタイルやMoto Modsの互換性などは維持しつつ、最薄部5.99mmという薄型筐体に

 主なスペックは、フルHD解像度の5.5型有機EL、オクタコアのSnapdragon 626(2.2GHz)、4GBメモリー、64GBストレージ、12メガカメラ(イン5メガ)、3000mAhバッテリー、Android 7.1.1など。ネットワーク面では4G+3GのDSDSにも対応。nanoSIM×2とは別にmicroSDスロットが用意されている。

 また、これに合わせて、Moto Modsの新製品「Turbo Power パック」「ワイヤレス充電キャップ」も追加している。発売日は7月1日と7月中旬で、価格はそれぞれ税抜9800円と4680円。

11
11
急速充電対応のバッテリーパック、ワイヤレス充電に対応する背面カバーが登場

 Turbo Power パックは最大15Wでの高速充電に対応した追加バッテリーで、スマホ側の残量を常に80%程度に維持して、内蔵バッテリーを傷めることなく、長時間利用が可能な仕組みになっている。ワイヤレス充電パックはMoto Zシリーズに取り付けることで、Qi/PMAでのワイヤレス充電に対応するモジュール。キャッツアイ/グレー/フラワーデジという華やかなデザインも特徴的だ。