[ニューヨーク 20日 ロイター] - 20日のニューヨーク外為市場では、米連邦準備理事会(FRB)が年内に再度追加利上げする可能性が意識され、ドルが主要通貨に対して上昇した。

ドル/円<JPY=>は一時111.86円をつけ、ロイターのデータによると5月26日以来の高値水準となった。

ニューヨーク連邦準備銀行のダドリー総裁が19日、米労働市場が一段と改善すれば物価上昇は強まるとの見方を示したことがドルの追い風となった。インフレが加速すればFRBが今年3回目の利上げに踏み切る可能性が十分に出てくる。

TDセキュリティーズのシニア通貨ストラテジスト、メイズン・イッサ氏は「先週のFRBはタカ派的だった。ドルが売られすぎの状態が続く中で、(市場の)反応が遅れてやってきたのではないか」と分析した。

一方で、シカゴ連銀のエバンズ総裁は19日、最近の物価上昇は弱いとして、年末まで次の利上げを待つに値すると述べ、利上げには慎重な姿勢を示した。

共和党幹部が年内の税制改革実行に関し発言したことも、米経済成長が加速するとの期待につながり、ドルの上昇要因となった。とはいえ、野党の民主党との対立に加え共和党内にも亀裂があることから依然として懐疑的な見方も多い。

エバーコアISIのストラテジスト、スタン・シップリー氏は「今年税制改革があるのかもしれないが、それは勇気のいる見方だ」と指摘した。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0・3%高の97.800。5月18日以来の高水準である97.871へと上昇する場面もあった。

ユーロ/ドルは3週間ぶり安値水準の1.1117ドル。

イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁が、今は英国が利上げすべき時ではないと述べたことを受けて、ポンドは売られた。ポンド/ドルは0.9%安の1.2603ドルと2カ月ぶりの低水準をつけた。

ドル/円 NY終値 111.42/111.47

始値 111.52

高値 111.72

安値 111.32

ユーロ/ドル NY終値 1.1134/1.1135

始値 1.1152

高値 1.1163

安値 1.1119