[ワシントン 20日 ロイター] - 米財務省は20日、ウクライナ情勢を巡る対ロシア制裁の一環として38の個人と団体を制裁対象に加えたことを明らかにした。

制裁対象はロシアが2014年に併合したクリミアでロシアの勢力拡大に協力した疑いのあるロシア人、ウクライナ人当局者、および関連企業。

制裁の下、米国の銀行に預けられている資産が凍結されるほか、米企業は対象となっている個人、企業との取引が禁止される。