[ブリュッセル 20日 ロイター] - 複数のベルギー当局者によると、首都ブリュッセルのブリュッセル中央駅で20日、小規模な爆発があり、兵士が容疑者とみられる男に発砲した。負傷者は他におらず、状況は管理されているという。

連邦検察当局者は爆発発生から約3時間後に記者団に対し、爆発について「テロリストによる攻撃」として対応していると述べた。男の生死や身元は現時点では明らかでないとした。爆発は現地時間午後8時半(日本時間午前3時半)頃に発生し、比較的小規模だったと説明した。

男が爆発を起こす前にアラビア語で「アラー・アクバル(神は偉大なり)」などと叫んでいたとの目撃証言については、コメントを控えた。

事件発生直後、警察は駅と周辺地域から市民らを避難させた。

ブリュッセルを拠点とした容疑者らによる2015年11月の仏パリ同時多発攻撃の発生以降、ブリュッセルでは厳戒態勢が続いている。16年3月には同市の空港などで爆発攻撃が起こり計32人が死亡した。