[20日 ロイター] - 米ネット通販大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は20日、衣料品、靴、アクセサリーなどを自宅で試すことができる「プライム・ワードローブ」サービスをプライム会員向けに試験導入すると発表した。

同サービスのユーザーは3点以上の商品を料金の前払いなしで注文することができ、商品が届いてから1週間内に購入あるいは返品する商品を決める。返品は無料で、購入を決めた商品に料金が発生する仕組みとなっている。

同サービスの対象商品は100万点以上で、試した商品のうち5点以上を購入した場合は20%の割引がある。

新サービスは、送料無料や動画視聴などの特典がある有料サービス「アマゾン・プライム」の会員を増やす狙いがある。プライム会員は非会員より多くの商品を購入するため、試着サービスのコストに見合う収益をあげることができると同社は見込んでいる。

モーニングスターのアナリスト、ブリジット・ワイスハー氏は、米百貨店大手メイシーズ<M.N>は脅威と感じるだろうと指摘。また、新サービスではアマゾンのプライベートブランド商品を取り扱う可能性があるため、同ブランドの知名度向上につながるかもしれないと述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)