[東京 21日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比38円25銭安の2万0192円16銭となり、反落して始まった。前日の米国株安や、外為市場でドル/円<JPY=>が111円台前半とやや円高に振れたことが日本株の重しとなっている。

原油価格の急落を受け、石油関連株が軟調。証券や銀行など金融セクターが弱含みで推移している。半面、村田製作所<6981.T>など電子部品の一角が上昇している。

(※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)