[20日 ロイター] - 英スカイニュースは20日、英国が欧州連合(EU)との合意無しで離脱するような状況が起こった場合、保守党内にその動きを阻止することができるとみている議員がいると報じた。

スカイは30人以上の保守党議員の話を引用し、「保守党が総選挙で過半数を取れなかったことにより、『崖っぷち』となったブレグジットの経済に与える影響を考慮すると、『良くない合意に達するよりは、合意に達しない方がいい』との見方は見直されるべきだろう」と伝えた。

BBCも保守党の幹部数名が合意無しでEUから離脱する政府を止めることが可能との見方を示していると報じた。

BBCは「そのようなシナリオが迫ってきた場合、修正案を通過させるだけの議席数が集まり、(合意無しのEU離脱が)取り消されるだろう」と伝えた。

企業幹部の一部からは「良くない合意に達するよりは、合意に達しない方がいい」とのメイ英首相の主張が、EU内における事業の負担になる恐れがあるとの声が出ている。