[ブリュッセル 20日 ロイター] - 欧州議会の国際貿易委員会(INTA)は20日、欧州の自由貿易における慎重姿勢が広がるなか、安価な中国輸入品に対抗するための規制強化を提案した。欧州連合(EU)に対し、経済の阻害要因となる製品輸入への課税裁量を拡大することで圧倒的な支持を得た。

同提案はEU加盟28カ国との交渉に影響を及ぼす見通し。

また今回の提案では、新規制が立証責任を押し付けているとの批判に対する取り組みを求めている。

欧州鉄鋼連盟(EUROFER)はINTAの提案に対し歓迎の意を示した。