[サンフランシスコ 20日 ロイター] - 米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]は、これまでの方針を180度転換し、スマートフォンのアプリ経由で運転手にチップの受け取りを認めると発表した。

これまで運転手は、チップは収入減の埋め合わせに役立つと主張していたが、ウーバーはアプリにチップ機能を加えることに反対していた。この問題は長らくウーバーと運転手との間で意見対立の要因となっていた。

ウーバーの運転手は社員ではなく独立した請負人で、病気休暇や長期休暇がなく、車のメンテナンスやその他のコストは各自が負担する。

同社によると、ヒューストン、ミネアポリス、シアトルでは20日から運転手がチップの受け取りを始めた。7月末までには全米に拡大される予定。