[東京 21日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は21日午後、都内で開かれた全国信用金庫大会であいさつし、「実体経済が着実に改善している割に物価の勢いが欠けている状況が続いている」と指摘したうえで、物価が2%の目標に向けて上昇していく「モメンタム(勢い)は維持されているが、物価動向は注意深く点検する必要がある」と強調した。金融政策は目標達成まで距離があるため、「現在の方針での強力な緩和推進が適切」と述べた。

また「世界経済の成長モメンタムは一段と強まっている」とし、日本も「景気の足取りはよりしっかりしたものになっている」と語った。物価への影響が大きい需給ギャップも「プラス基調が定着しつつある」との認識を示した。

(竹本能文)