[ジャカルタ 21日 ロイター] - インドネシア政府は、米フェイスブック<FB.O>の現地法人設立を大筋で承認し、詳細な手続きを進めている。同国投資調整庁のレンボン長官が21日、明らかにした。

インドネシアではグーグルが税逃れを指摘されており、政府は多国籍のIT(情報技術)企業に対し現法設立を要請している。

レンボン長官は「フェイスブックには善良な意図と心構えがあると理解している。重要なのは税金と責任あるコンテンツだ」と語った。

同長官によると、投資調整庁と通信省が現在、フェイスブックが設立する事業部門の種類について検討しているという。

同国で現地法人を設立する方法は複数あり、有限責任会社の設立はその1つ。

フェイスブックからのコメントは得られていない。