クリーク・アンド・リバーは、6月28日から6月30日まで、東京ビッグサイトで開催される「コンテンツ東京2017」内の専門展「第3回 先端コンテンツ テクノロジー展」に出展すると発表した。

 展示されるのは、スタンドアロン型VRヘッドセット「IDEALENS K2+」のほか、さまざまなVRコンテンツや、同社のVR専門研究開発チームが多様なニーズに対応するように独自開発したVRソリューション。

VR5
IDEALENS K2+

 イベントに最適なコンテンツプレイヤーや、複数台のVRヘッドセットに同じ映像やゲームを映し出すためのアプリ、ミラーリングツール、遠隔映像配信システムなどが展示され、VR活用をサポートするさまざまな提案をするとのこと。

 そのほかにも、VRの具体的な導入事例も紹介している。