2017iphone

カメラの位置情報サービスを有効化すると
iPhoneで撮影した写真の管理が楽しくなる

 iPhoneで撮影した写真を見ているとき、ふとどこで撮影したものかといった情報が欲しくなるときがあるハズ。日常的かつ気軽に撮影できるため、撮影枚数が膨大であってもカメラ使用時に位置情報を記録しておけば、撮影場所だけでなく日時なども確認できる。

20170621iphone
ライブラリで写真を1枚選ぶ
20170621iphone
写真が1枚表示された状態で上にフリックすると撮影地が表示され、さらに地図をタップすると撮影地周辺の撮影データも確認できる

 また、アルバム一覧にある「撮影地」を選ぶと、これまでに撮影した写真の撮影地をまとめて確認できる。地図とグリッドがあり、地図の場合は広域から表示されるので、ピンチ操作で拡大して写真を探せる。

 グリッドは撮影日(古い順)と撮影場所で振り分けられており、場所だけ覚えている場合の写真探しに便利。また、アルバムの画面上部にある検索ボタンからは単語での検索もできるため、写真が膨大すぎるときの絞り込みにも活用できる。

20170621iphone
地図の場合は主な撮影地にサムネイルが表示される
20170621iphone
グリッドの場合は場所と時間の情報も確認可能
20170621iphone
アルバムからの検索は場所だけでなく日時からも検索可能。「夕方の写真だけ」といった条件検索にも役立つ

 位置情報サービスを有効化にするには「設定」の「プライバシー」→「位置情報サービス」でリストから「カメラ」を選択して「このAppの使用中のみ許可」をタップしよう。