[ワシントン 21日 ロイター] - 米上院の共和党が22日に公表予定の医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の草案では、オバマケアで拡大されたメディケイド(低所得者向け公的医療保険)の対象の縮小や、低所得者向けの民間保険加入補助の見直しが含まれるとみられる。

共和党のコリンズ上院議員は21日、上院案ではこの補助金を所得に応じて決める仕組みを導入する見通しで、年齢だけに連動させた下院案からの「大幅な改善」が見込めると述べた。下院は5月にオバマケア代替法案を可決済み。

米紙ワシントン・ポストによると、上院案ではこのほか、オバマケアの財源となっている税の大半が廃止され、州政府がオバマケアに基づく規制から外れる選択肢を選びやすくなる見通し。また、人工妊娠中絶手術などを提供する非営利団体「プランド・ペアレントフッド」(家族計画連盟)への連邦補助金も廃止される予定。

上院議員らによると、法案の草案は共和党上院議員総会に22日午前に公表され、インターネット上にも掲載される。早ければ来週にも採決が行われる可能性があるという。

オバマケアでは、民間保険加入補助とメディケイド拡大を通じ、保険加入者が数百万人増加した。

民主党は、共和党のオバマケア代替法案は富裕層減税が目的だとして反対している。