[ロンドン 22日 ロイター] - 旅行情報会社フォワードキーズの調査によると、最近の一連の攻撃事件にもかかわらず英国の観光部門は好調で、今年の予約は欧州平均を上回る勢いで増加する見通しとなっている。

フォワードキーズは、6月17日時点の海外からの渡英予約は前年の同じ時期を12%上回っており、欧州平均の前年比7.8%増より増加幅が大きいと分析した。

英国では、3月にウェストミンスター地区で車が暴走して警官が刺殺されたほか、5月にはマンチェスターのコンサート会場で自爆攻撃、今月はロンドン橋で車暴走事件が発生し、警察が警戒している。

フォワードキーズは、ロンドン橋での事件後も英国への渡航予約が大量にキャンセルされることはなかったと指摘。年初に見られた極めて好調なペースからは鈍化しているものの、カタール断交など他の要因が影響している可能性があり、英国の状況は依然健全と述べた。